筋トレにはどんな効果があるの?

筋トレ

筋トレの効果について記事にしていきたいと思います。

体を大きくしたい!モテたい!とモチベーション高く取り組んでる人が多いと思いますが、筋トレにはやっている人は気づいてくるそれ以外のいい効果もあるのです。

本日はそんな筋トレの効果にについてお話していきたと思います。

それでは見ていきましょう!

この記事を書いた人
leokun77

関東に住んでる理学療法士(PT)です。回復期病院に勤務しています。脳卒中認定理学療法士、介護支援専門員(ケアマネ)取得しました。日々の学びや気付いたことを記事にしていきます。趣味は筋トレ、登山、旅行、スノーボード、ランニングです。不定期ですがブログ投稿していきますのでぜひ見ていってください。TwitterやInstagramもやっていますのでそちらもぜひ見てみてください!

leokun77をフォローする

書き出しの文が毎回違うのはご了承ください。

(毎回思いつきで書いているため、、)

 

筋肉がつく(=体大きなくる)

まず1つ目は当たり前のことを言いました。

筋肉をつけるために筋トレを行う。

目的と効果が直結し大変わかりやすいですね。

筋トレをやっているほとんどの人がこの効果を狙って筋トレを行っているのではないでしょうか?

自分自身、体が細くバスケの試合でも当たり負けたりという経験がよくありました。

筋トレを始めてからは当たり負けが減ってきているように感じますし、リバウンドの際のボールの取り合いにも負けないようになってきたと感じます。

「体が小さくてなんだかコンプレックスに感じる」

という人もこの体が大きくなるという効果を狙って筋トレをしているのではないでしょうか?

また、同様に体への変化として、疲れにくくなる、重いものが楽に持てるようになるなどの効果があります。

立ち仕事や力仕事の方にも仕事をバリバリ取り組む原動力になるのではないかと思います。

私自身体を動かすのが仕事なので筋トレをするようになってから体の疲れが減ったように感じます。

 

痩せる

2つ目は痩せる(=ダイエット)効果です。

筋トレで痩せる?体が大きくなるんじゃないの?

と思った方は上の文をよく読んでくれた方なのではないでしょうか?

でも筋トレで痩せるんです!

それは筋トレの方法に違いがあるため体を大きくせずに痩せやすい体にするということです。

このお話も後日記事にしたいと思います。

なぜ痩せるかと言うと、基礎代謝が上がるからです。

基礎代謝というのは人が何もしなくても1日のうちに消費するカロリーのことです。

この基礎代謝が上がることで食べる量が同じだとしたらより多くのカロリーを消費することになります。

これが筋トレで痩せるの大まかな仕組みになります。

 

アンチエイジング・美容

3つ目はアンチエイジング・美容です。

筋トレによって成長ホルモンが分泌されます。

「成長ホルモン」と言うと、一般的には「成長期の子供の発育に必要」だと思いますよね?

しかし実は、大人や高齢者になっても成長ホルモンは必要なんです。

成長ホルモンの主な働きとしては、「傷ついた体内組織を回復「脂肪の燃焼」「病気への抵抗力アップ」「身体の若返り」などが挙げられます。

そのため、成長ホルモンは、別名「若返りホルモン」などとも呼ばれています。

成長ホルモンは歳を重ねる毎に分泌量が減っていき、それに伴って老化が進行します。

しかし中高年であっても、筋トレを行うだけで、なんと安静時の100〜300倍もの成長ホルモンが体内に分泌されるんです!

アンチエイジング(若返り)を謳っている美容サロンなどでは、よく一本数万円もする成長ホルモン注射を勧められたりしますが、実は筋トレをするだけでOKなんです!

筋トレで若返りホルモンが分泌されるので筋トレをしている方は綺麗な人が多いのも納得です!

また、筋トレには、美容効果もあります。

筋トレをすることで血液やリンパの流れが良くなり、全身のむくみが改善。

その結果、顔がスッキリと細身になり、顔色が良くなるんです。

 

メンタルヘルス

4つ目はメンタルヘルスに関することです。

筋トレには精神面の不調を正常化してくれるの効果があります。

その理由としてポジティブになれる4つの良いホルモンや物質を出してくれるからです。

①テストステロン

骨、筋肉の成長、向上心、やる気を上げてくれます。

またテストステロンが少ないと主張性が低くなり、相手の意見にコントロールされやすくなる傾向があります。

筋肉が減って脂肪体質の人は筋トレを続けると改善されます。

②セロトニン
心を落ち着かせたり、精神的、肉体的な痛みを軽減させてくれる効果があります。

多くの効能から幸せホルモンと言われています。

ストレスにさらされて心身が疲弊したり感情が揺れ動いて自己コントロールが難しくなった時など、メンタルを安定してくれる心の治癒力の要のような存在です。

③ドーパミン
仕事や勉強へのやる気に関わる重要な物質と言われています。

またこの物質が低下するとアルコール依存症など、何かに依存しやすくなると言われています。

やる気が上がり高揚感が出るので何事にもポジティブに取り組むことができます。

④BDNF
脳由来神経栄養因子で加齢とともに減少します。

またアルツハイマー型認知症では脳や血液でこの物質が減少してしまいます。

葉酸、DHA、フラボノイドなどもこのBDNFの増加を助ける栄養素ですが、筋トレや運動、知的活動でも効果的に増やすことができます。

以下のような効果があるようです。
・学習記憶の向上
・食欲の抑制
・うつや認知症を予防
・メンタルの安定
様々ないい効果が確認されています。

体を大きくするだけでなくメンタルヘルスにも影響を与えてくれる筋トレは効果絶大ですね!

 

最後に

筋トレの効果をまとめてみます。

・筋肉がつく

・痩せる

・アンチエイジング・美容

・メンタルヘルス

様々な効果がありましたね!

筋トレをして体が大きくなるなどの外見上の効果だけでなくメンタルなどの内面にもいい効果があるなんて1石2鳥ですね!

筋トレを通して外見も内面も磨いてみましょう!

 

筋トレには栄養バランスが大切です。

でも、普段からバランスを気にしながらたんぱく質を摂るのは簡単なことじゃありません。

そこで栄養士が考えた筋トレのためのご飯を頼んじゃいましょう!

タイトルとURLをコピーしました