紅葉登山をする人必見のオススメ服装を紹介します

オススメ商品

更新が久しぶりになってしまいました。

その間に寒さが一段と増していきましたが、登山シーズンはこれからが最盛期です。

何と言っても、

紅葉

が見頃を迎えますね!

台風や秋雨前線の影響でスケジュール変更をしなくてはいけない場合もありますが、

服装の準備

はしっかりとしておきましょう!!

本日は紅葉登山をする際のオススメな服装について紹介していきます。

最後までご覧ください!

この記事を書いた人
leokun77

関東に住んでる理学療法士(PT)です。回復期病院に勤務しています。脳卒中認定理学療法士、介護支援専門員(ケアマネ)取得しました。日々の学びや気付いたことを記事にしていきます。趣味は筋トレ、登山、旅行、スノーボード、ランニングです。不定期ですがブログ投稿していきますのでぜひ見ていってください。TwitterやInstagramもやっていますのでそちらもぜひ見てみてください!

leokun77をフォローする

 

ソフトシェル

イメージ画像

私自身も使用しているライトシェルパーカです。

最初に紹介するのはソフトシェルです。

夏までの登山では半袖やシャツで登山をできていましたが、紅葉の時期はすこし肌寒くなってきます。

そのため、運動に適したソフトシェルを活用するといいと思います。

吹く風も冷たくなるので防風性の高いのもオススメの理由です!

 

フリース、ダウン

イメージ画像

私自身も使用してるクリマエアジャケットです。

次に紹介するのはフリース、ダウンです。

まとめてしまったのは用途がほとんど同じだからです。

行動中は上記のソフトシェルを脱ぎ着して温度を調整しますが、止まっていると体はだんだん冷えてきます。

そのうちソフトシェルだけでは寒くなってきてゆっくりと紅葉を眺めることができなくなってしまいます。

また、自分自身の経験として、紅葉の時期はロープウェイが大変混雑し下山時に列を作って待ったことがありました。

日も暮れていき標高も高い山頂駅で待たされると大変寒いです。

防寒着としてフリースかダウンは準備しておきたいです!

軽さ、収納性、生地感、値段と両者に違いがあるためお好みの方を選んでいただけたら良いかと思います。

自分は生地感がよく比較的安価な為フリースを選びました。

テント泊などで屋外での活動がある方はダウンの方がいいと思います。

用途や外にいる時間の長さで選んでもいいと思います。

 

 

ネックウォーマー

イメージ画像

私自身使用しているシャミース アジャスタブルネックゲーターです。

次に紹介するのはネックウォーマーです。

人間は首の名前が付く箇所を冷やさないでおくことで体の冷えが抑えられるといいます。

行動中は必要ではない場合が多いですが、立ち止まった時は寒い時期になります。

車中泊や行き帰りの寒い時期にも丁度よく値段も安価なため1つ用意しておくのをオススメします。

また、山小屋泊の際には通年で必要になりますので普段から宿泊を伴う登山をする場合は用意してください!

速乾性インナー

イメージ画像

私自身使用しているジオライン L.W. Tシャツです。

最後に紹介するのは速乾性インナーです。

気温は低いですが、登山中は汗をかきます。

そんな時にインナーの乾きが悪いと汗冷えしてしまいます。

体が冷えることで体力を余計に消費したりで最悪遭難する恐れもあります。

それを防ぐために速乾性のあるインナーを着ることをオススメします。

夏だけでなく紅葉の時期にもインナーをしっかりと選びましょう!

山小屋などに宿泊をする場合は着替えを持っていくことをオススメします。

速乾性のあるインナーも当然ですが、着替える方がより早く乾燥したインナーに変えることができます。

最後に

紅葉の時期に登山をする人必見のオススメ服装を紹介しました!

気温が寒いと普段よりもたくさん荷物が必要になるだけで難易度が増すのに気温の注意が必要になるので難しい登山になると思います。

荷物が少しでも軽くなるように食料をコンパクトなものにするか、服を軽量なものを選ぶなど工夫をするといいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

他にも登山レポートを多数書いていますのでそちらも合わせて読んでみてください!

タイトルとURLをコピーしました