【新人さん必見】症例報告の書き方【理学療法士】

理学療法

新人さん向け記事がシリーズ化してきました。

日々の業務の中で気付いたことを今後も新人さん必見と称しアウトプットしていきます。

自分が以前に悩んだことや思っていたことをアウトプットしていく作業は整理され理解度が高まる上に少しでも他の方の参考になれば幸いです!

本日は症例報告の書き方についてお話ししたいと思います。

自分自身は症例報告に対し苦手意識を持っていました。

正直今でもあまり得意ではありません。

しかし、認定試験受験のために症例報告をまとめることで苦手意識を少しでも克服できたのではないかと思います。

需要があれば認定試験向け症例報告の書き方についても記事にしたいと思います。

この記事を書いた人
leokun77

関東に住んでる理学療法士(PT)です。回復期病院に勤務しています。脳卒中認定理学療法士、介護支援専門員(ケアマネ)取得しました。日々の学びや気付いたことを記事にしていきます。趣味は筋トレ、登山、旅行、スノーボード、ランニングです。不定期ですがブログ投稿していきますのでぜひ見ていってください。TwitterやInstagramもやっていますのでそちらもぜひ見てみてください!

leokun77をフォローする

それでは症例報告の書き方見ていきましょう。

今回の記事もあくまで私見になります。所属団体との関係は一切にありません。

そもそも何で症例報告をするの?

新人の方や、学生さんは何で症例報告をするのか考えたことはありますか?

「質問されるのが嫌だ」

「用意するのに時間が掛かる」

「発表が緊張する」

私自身も症例報告は苦手で出来ればしたくないと思っていました。

特に学生時代が発表10分、質疑応答60分の通称「公開◯刑」という名の発表会がありました。※過激な内容なため伏字です。。

その名残で苦手意識が残ったまま新人時代を迎えました。

新人になったら一人でまとめる、班単位でまとめる(実質自分一人)発表があり、辛い経験しました。

発表当日も業務終了時まで元気が出なかったのを今でも思い出せます。しかし、今となると

症例報告も意味のあるものだと理解できます。

その意味として主なものを紹介します。

・個々の人間としての患者に、最適な理学療法を選択できる能力を育成する

・臨床における問題点を把握し、解決していく能力を向上させる

・理学療法に関する知識・技術自体の向上を 推進する

要するに、調べたりまとめたりを通して目の前の対象者に向き合う練習をするといことです。

こういう風に考えると学生の頃や新人の頃に症例報告を避けたりせず、やっておいた方がその後の理学療法士人生で必ず役に立つ力が身につくと思います!

症例報告の書き方

やっと本題にいきます。時間のない方はここだけでも見ていってください!

次の項目では症例の選び方のコツなどもご紹介しますので是非最後までご覧ください。

①症例

あなたが選んだ症例の紹介をします。HOPEやNEEDも大切です。その事柄から論を展開していくからです。

この項目で評価についても記載します。ROMやMMT、ADL、SIASなど数値化できるものがいいです。

②理学療法内容の記述

この項目には実際にあなたが行ったことを書いていきます。

内容や回数、セット数をなるべく具体的に書き、根拠が伴う内容である必要がありあます。ここが一番難しく、

「調べてもでてこない」

と言ったように行き詰るのではないでしょうか?

その時は、条件が近い研究や論文データを複数参照し課題を設定した旨を記載し、検証的に治療介入を実施しました!といった内容でもいいと思います。

肝心なのは、その介入の目的が明らかになっていることです。

理学療法に正解はありません。理由が説明できればそれ以上突っ込んでくる人はいないはずです!

③考察

この項目も大変書きにくいと思います。

なぜ書きにくいか?

それは上記の二つの項目が考えが不十分で、何を叶えるべく何をしたかが自分自身で理解できていないからです。

例として、

〜を改善したくて〜をしました。【症例と理学療法介入の内容】

〜の介入がうまくいき〜ができるようになり〜に繋がりました。【うまく行った時の考察】

〜の介入では〜といった結果になり〜は達成できませんでした(うまくいきませんでした)。なぜなら〜の介入の〜が不十分だったからと考えます。そのため〜と言った介入を考えました(実施しました)【うまくいかなかった時の考察】

考察をするときには上記のように理解を深めた上で書き出してみましょう!

④解釈からの提言

考察で自分の考え通りに行ったため介入効果のみで改善が図れました!はNGです。

症例検討では実験的研究と異なり、はっきりとした関連性や因果関係を示すということは困難と言えます

対象者が普段と違う生活を送っていたら?頑張って自主トレをしていたら?OTさんが介入していたら?

と考えると自分の成果が100%ではなく「考察結果を手助けした」という程度になると思います。

また、経過中の自然回復による変化なども介入以外の要因としてかかわってくることも 忘れてはいけません。

それらに合わせえて、再評価時と初回評価時の変更点も併記する必要があります。

どんな症例が発表しやすい?

学生さんや新人さんは発表の候補にする対象者が少なくあまり選択の余地は多く内容に思います。

もしも、多数いる対象者の中から選ぶことができたら、発表しやすい症例を選んだ方がまとめるのも早かったり、発表も気が楽ですよね。

そんな発表しやすい対象者の選び方のコツをお教えします!

①珍しい診断名や骨折の部位(多発骨折も含め)

珍しい症例ではあなたの工夫が特に重要になります。

聴く人を納得させられるような根拠をもとに発表してみてください。

②パーキンソン病等の未開発の分野に関して

介入に関する情報がまだまだ未開発な分野に関しては、あなたの介入が他の方の参考になり得ます!

こんな介入もこんな効果があったんです!という介入を報告してみてください。

③特殊な背景を持つ対象者

①と似てますが、診断や骨折部位ではなく、HOPEやNEEDが珍しい症例で、他の人では見られない介入や注意点があった場合は報告しても良いかと思います!

内容が面白い!や、そんな視点や介入があったんだ!と思ってもらえるような報告ができると知識やスキルだけでな発想力も培われると思います!

最後に

症例報告の書き方いかでしたか?

先日当院でも新人さんの症例発表が決まりました。

以前は通過儀礼的な意味合いでとりあえず発表するみたいな風潮もあったように感じました。

新人さんの発表は経験も少ないまま発表するのは大変ストレスなことです。

あくまで目の前の対象者のためによく考える機会を設けるという気持ちで先輩スタッフは添削や助言、質問をしてあげると幸いかと思います。

同じ症例を一緒に考えてあげることで、こう言った考えもあるよと発表が終わった後に提示してあげてもいいかと思います。

すこし長くなりましたが、今回はこれで終わりにしたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました