【資産運用】理学療法士も高配当投資でキャッシュフローを増やそう

資産運用

資産運用もシリーズ化してきました。気になる方は他の記事もチェックしてみてください!

みなさんは高配当投資を知っていますか?

さまざまな投資手法があるようですが、

高配当投資は安定したキャッシュフロー(お金の流れという意味。正確にはキャッシュインフロー)が得られる再現性の高い投資手法

だと思います!

簡単にいうと、投資した企業の利益を投資額に応じ分けてもらえます。

今回紹介する高配当投資は、

基本的には売り買いをしなくてしなくていい
いい銘柄に投資できれば値下がりは気にしなくていい

と難しいことを考えなくてもいいのが高配当投資のいいところです!

やることは、

①証券会社で口座開設する

②お金を準備する

③銘柄を選んで投資する

④じっと待つ

と超簡単です!

今回は②お金を準備するところのお話をします!

銘柄を選ぶ際はこちらのサイトを参考にしてみてください。

最後には銘柄選びの注意点もありますので株を買う前に確認してください!

それでは見ていきましょう!

 

なぜキャッシュフローを増やす?

最近は投資もひそかなブームでつみたてNISAなど興味を持つ方も多いかと思います。

私と同じ理学療法士など医療・福祉に携わる人の中には、対象者の経験から老後の不安などを覚える方もいるのではないでしょうか?

金銭面を理由に無理な退院を余儀なくされる場合も度々目にします。

年金が減額になるニュースを度々目にしますが、つみたてNISAも将来のお金を自分で用意してね!といったメッセージを感じます。

将来のお金ももちろん確保しているけど、日々の手取りも増やしたいと思う人は多いですよね!


こちらの書籍でも「稼ぐ力」として転職活動などが紹介されています。

それらと同様に余裕資金を運用してみて日々のキャッシュフローを増やしてみたいと思い後に紹介する2つの方法を実践しています。

将来のまとまったお金(つみたて投資)
現在の手取りアップ (高配当投資)

あなたはどちらにどれだけお金を使いますか^^?

よく考えると将来が明るくなります!

人生の大きな選択肢として住宅の購入があります。

それを考えた記事もありますので読んでみてください。

【資産運用】理学療法士も月1万円から資産の運用を始めよう

 

投資の必要性を確認できたら次は実際に自分がおこなっている方法を2つ紹介します。

紹介していきます!

 

今すぐ始められる方法 LINEクレジットカードでポイント投資

ATMでお金をおろして現金で買い物をしている人はもうさすがにいませんよね?!

みなさんもよく使うLINEのクレジットカードを使うと

決済金額の2%がポイントとして付与されます!

※令和4年5月から1%に減ってしまいます。改悪・・・

こんな感じでポイントが貯まります!

1ポイント1円で証券口座に手数料無料で移動できるので、このように少し貯まってきたら移動する手続きを取ります。(24時間いつでもできます)

そのポイントで株の取引できるのがLINE証券です。

ポイントだけでは多くの株は買えないですが、お金を使わなくていいので初心者の方は始めやすいかと思います。

ポイ活も流行りですが、LINEポイントもさまざまなポイ活が存在するのでちまちまためて株を買う楽しみもあるかと思います!

キャッシュフローを狙うのではなく、将来に大きな資産形成を狙う

投資信託

LINE証券で買えるものがあるので一定のポイントが貯まったら投資信託を買い進めるだけで知らず知らずのうちに資産が増えていくといった運用も可能です!

 

少しハードルの高い方法 米国高配当銘柄を買う

ネット証券会社では海外の株を買うことができます!

LINE証券では買えません)

日本と違い米国株は1株から買えるので比較的少額から始めやすいですが、まとまった配当金をもらうには大きなお金が必要です。

(日本株は100株単位の取引が一般的でいくつかの証券会社では1株単位での取引が行えます。)

1年間に3%の配当が支払われる株を、
100万円分持っていると・・・3万円
1億円分持っていると ・・・300万円

といった感じで多く持っているとたくさん増えます。

少しから始めて、投資に回すお金を徐々に増やして配当金をたくさんもらえるようにするといいかとおもいます。

100万円で3万円というと少ないように思いますか?

月に換算すると2500円の計算になります。

何もせずとも月2500円もらえるとスマホの通信費が払えてしまいます!

浮いたお金で美味しいものを食べたり自己投資のための本を購入できたりできますね^^

でもなぜ米国の株なのか?

ざっくりいうと長期的にみて成長が期待できる国だからです!

日本の人口は減少してきていますし、日本製の商品に魅力をとても感じるものはありますか?!車くらいでしょうか??

(アメリカは後100年近く人口は減少しないようです。)

身の回りを見渡してみてもアメリカの会社のものはとても多いです!

ナイキ、スタバ、ビザのクレカ、アップルのiPhone、YouTubeやInstagramなどのSNS・・・あげたらキリがないですね!

 

高配当投資の注意点

注意点もさまざまあり、リスクもあるのでよく理解した上で始めていただきたいと思います。(投資は自己責任です!)

・元本割れ
・減配
・税金が最適か?

それぞれ簡単にみていきます!

 

元本割れ

株価は日々変動しています。

自分が購入した金額よりも下がることを元本割れといいます。

短期のトレードが主なトレーダーにとっては大きな問題ですが長期の投資家にとっては大きな問題ではないです。

ただ、慣れないうちはお金が減る経験がメンタルに影響を与えかねないので慣れるまで気をつけてください!

多少の変動は気にせず配当を待ちましょう!

有名な書籍に「お金は寝かせて増やしなさい」があります。

気にすることなくただ待つのみですね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マンガ お金は寝かせて増やしなさい [ 水瀬 ケンイチ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/4/8時点)

楽天で購入

 

 

減配

減配とは企業が発表している配当が下がる(配当金が減る)ことをいいます。

高配当投資にとってここが大きなポイントでリスクになり得ます。

最初に、いい銘柄に投資できればといいましたがやはり減配は避けていきたいです。

米国株には長期にわたって増配(配当金を増やす)をおこなっている企業も多数ありますので有名で増配をおこなっている企業の株を買ってみてください!

こちらのサイトで紹介されている企業に投資をしてみてください!

 

税金が最適か?

配当金は受け取り時に税金がかかります。

米国と日本で二重課税となります。(確定申告で少し返ってきますが)

配当金を受け取るのではなくそのまま投資する(再投資)設定ができる投資信託は配当金を受け取らないため配当金に課税されません!

将来まとまったお金を用意したいと考えている方は高配当投資ではなく投資信託を買いましょう!

 

まとめ

今回紹介した高配当投資は、

基本的には売り買いをしなくてしなくていい
いい銘柄に投資できれば値下がりは気にしなくていい

と難しいことを考えなくてもいいのが高配当投資のいいところです!

やることは、

①証券会社で口座開設する

②お金を準備する

③銘柄を選んで投資する

④じっと待つ

と超簡単です!

今回は②お金を準備するところのお話をしました!

また、投資の際の注意点についてもお話ししましたので気をつけて投資してください!

タイトルとURLをコピーしました